かいぼーの全力TV日記

TVやアニメ、マンガなどの感想をつらつら書いています。

名探偵コナン第356話「怪盗キッドの驚異空中歩行」あらすじ・感想

目次

 

 

 

1.あらすじ・登場人物

~登場人物~

江戸川コナン

・毛利蘭

・鈴木園子

毛利小五郎

鈴木次郎吉〈初〉⇒園子の父親のいとこ、鈴木財閥相談役

・ルパン(次郎吉の愛犬)

中森銀三警部

怪盗キッド

 

 

~あらすじ~

 

鈴木園子の親戚である鈴木次郎吉氏が過去の因縁を晴らすべく、「ブルーワンダー」という宝石を鈴木大博物館設置し怪盗キッドをおびき出すことに。

 

 

新聞の広告を通じてキッドに挑戦状を送った次郎吉氏に対して、キッドからは「挑戦を受け、歩いて下見に参る」という返事が。

 

 

実際に盗むのは下見の翌日ということですが、キッドは果たしてどのように「ブルーワンダー」を盗みに来るのでしょうか?

 

 

 

 

 

2.事件・謎

 

下見の予告当日、次郎吉の自伝映画の撮影用のヘリが大量に空を飛ぶ中、予告の時間になるとキッドは本当に歩いて現れました。

 

 

その歩いている場所は、なんと空の上。

 

f:id:bio19base:20180108172953j:image

 

真上をヘリが飛んで確認しても、キッドが歩く両サイドのビルの屋上を確認してもキッドを吊るしているようなロープなどは見つかりません。

 

 

謎① キッドが空中を浮いた方法

 

 

その日は何とか次郎吉氏の用意した仕掛けによって「ブルーワンダー」が盗まれることはありませんでしたが、このまま空中に浮いた方法が分からないままでは翌日キッドに簡単に盗まれてしまいます。

 

 

皆でそのからくりを考えている中、次郎吉氏がキッドを目の敵にしている理由が話されます。

 

 

「ワシは多くの記録を塗り替えて新聞の1面を飾ってきたが、人力飛行機世界一周という記録が奴のせいで3面に追いやられたのじゃ。」

 

f:id:bio19base:20180108173001j:image

 

しょうもない理由ですが彼には許せなかったのでしょう、、、

 

 

 

さて、謎が残ったまま予告当日を迎えます。

 

 

その当日は下見の夜以上にヘリ、警備員を増やしますがキッドが空中に現れます。

 

 

しかし、前日とは違い空中のキッドは歩き始めてすぐに煙幕とともに消えてしまいます。

 

 

前日に比べキッドが揺れていたことから真上を飛ぶヘリの7番機がキッドを吊り、煙幕とともに回収したという疑いがかけられ、ほかのヘリが7番機を捜索しますが、、、

 

 

キッドの工作によりなんとほとんどのヘリの尾翼に「7」の表示が。

 

 

謎② どうしてヘリの運転手たちは「7」に変わった番号に気づかずヘリに乗ったのか

 

 

 

それに対して次郎吉氏が作戦で先手を打ちます。

 

数人の刑事がダミーのブルーワンダーが入る大きさのケースを持って正面から警察車両に向かい、その間にブルーワンダーをゴミ袋に入れ次郎吉氏自身がバイクで裏口から運び出すという作戦です。

 

f:id:bio19base:20180108173016j:image

 

果たして上手くいくのでしょうか?

 

【名探偵コナン】チャーム【キッドアイテム】【コナン】【キーホルダー】【キーチェーン】【グッズ】【ファスナークリップ】【雑貨】【怪盗キッド】【探偵】【漫画】【アニメ】【かわいい】

価格:1,026円
(2018/1/8 17:26時点)
感想(0件)

 

 

3.犯人の正体・動機

 

犯人の正体はキッドなんですが、実はバイクに乗って「ブルーワンダー」を運んでいる次郎吉氏こそ、キッドが変装した姿だったのです。

 

 

コナンはキッドが次郎吉氏の格好でゴーグルをつけずにバイクに乗っていることから、コンタクトをしている次郎吉氏ではないと見抜きサイドカーに乗って追跡。

 

 f:id:bio19base:20180108173022j:image

 

 

事件の真相を語ります。

 

 

謎① キッドが空中を浮いた方法

これに関しては、まず両サイドのビルからワイヤーで吊らされ、そのあとで真上に来たヘリに吊られる仕掛けに切り替えて、両サイドのビルからワイヤーをヘリに回収。

 

 

ヘリにはやはりキッドの仲間が乗っていたようです。

 

 

この時に両サイドのビルを確認したコナンや中森警部は上からも横からも吊られていないように見えた。というのが真相でした。

 

 

これを下見の日にやることで当日は人形に空を歩かせ、自分は注目の集まらない地上から次郎吉氏の変装をして盗みを決行できたということです。

 

 

謎② どうしてヘリの運転手たちは「7」に変わった番号に気づかずヘリに乗ったのか

 

「7」のステッカーをしっかりと張った上から本来の番号のステッカーを軽く張ることで飛び立つまでは「7」のステッカーに気づかれなくて済んだ。ということでした。

 

 

こうすることでキッドの仲間は無事逃げ切れたわけです。

 

名探偵コナン みかえりコレクション ラバーストラップ 怪盗キッド 単品 ストラップ

価格:1,980円
(2018/1/8 17:27時点)
感想(0件)

 

4.結末

最終的には怪盗キッドは宝石の乗ったサイドカーごとコナンを切り離し逃げ切るのですが、その直前にこんなやり取りが。

 

 

怪「...そして混乱に乗じて仲間はトンズラ。

  まさに『ブルーワンダー』大空の奇跡の脱出ってわけだ。」

 

コ「大空?ブルーワンダーのブルーは大海のブルーだぜ。」

 

怪「同じじゃねぇか。海のブルーは空のブルーが映ってんだろ。

  探偵や怪盗と一緒さ。天と地に分かれているようで、元をただせば人がしまい込んでいる何かを好奇心というカギを使ってこじ開ける無礼者同士。

 

コ「バーロー!空と海が青いのは色の散乱と反射、全く性質が異なる理由によるものだ。一緒にすんな!」

 

 

この会話にはコナンと怪盗キッドの価値観が現れていますね。

 

 

 

ちなみに翌日の朝刊の一面は、、、

 

f:id:bio19base:20180108173051j:image

 

 

5.ストーリー上の進展

 ・鈴木次郎吉初登場

・キッドに手下がいることが判明。