JNの全力TV日記

TVやアニメ、マンガなどの感想をつらつら書いています。

名探偵コナン第358,359話「本庁の刑事恋物語5」あらすじ・感想

目次

 

 

 

1.あらすじ・登場人物

~登場人物~

江戸川コナン

毛利小五郎(現場にはいない)

・毛利蘭(現場にはいない)

阿笠博士

・少年探偵団

・目暮十三警部

・白鳥任三郎警部

高木渉刑事

・佐藤美和子刑事

・千葉和伸刑事

・ヤクラアサキチ(指名手配犯)

・高木登(アトラクション同乗者)

・そのほかアトラクション同乗者3名

 

 

~あらすじ~

 

トロピカルマリンランドにデートに来ていた高木刑事佐藤刑事ですが、それを阻止したい警視庁の男性刑事たちとの駆け引きが行われます。

 

 

白鳥警部は少年探偵団の皆を高木刑事たちに同行させるという作戦を取りデートの邪魔をします。

 

 

一方でトロピカルマリンランドでは多くの傷害事件を犯しているヤクラアサキチという男が麻薬取引をするという情報が。

 

 

この2つの事件?が不思議な形で絡み合っていきます。

 

 

デートを邪魔しようとする刑事たちが面白いので是非見てほしいです。

 

 

 

2.事件・謎

 

高木刑事とある人物のリュックがアトラクションに乗った際に入れ替わってしまい、高木刑事のもとには麻薬が入ったバッグが。

 

f:id:bio19base:20180111191622j:image

 

中身は麻薬の他にスポーツタオルとシミのついたハンカチ。

 

 

 

謎① 麻薬の運び屋の正体は?

 

 

麻薬の運び屋として雇われた人物のリュックだと考えられ、持ち主を探すことになりますが手がかりは「海底5万マイル」というアトラクションに一緒に乗ったということ。

 

 

また、4人の人物はそれぞれ野球、サッカー、水泳、ゴルフをやっており、リュックの紐の様子から左肩片方にリュックを持っていたことからことから左利きだという推測ができました。

 

 

また、野球をやっていた人物は右利き、ゴルフをやっていた人物は左利きということもわかっていますが。。。

 

 

謎② 運び屋の居場所は?

 

運び屋の正体はこの後判明しますが、問題は運び屋がどこにいるのか。

 

広い園内でどのように探したらいいのでしょうか?

 

 

 

 

3. 謎の解明

謎① 麻薬の運び屋の正体は?

 

 

リュックの中のシミのついたハンカチからは野球のグラブオイルの匂いがしました。

 

 

野球選手は利き腕と逆の肩にリュックを背負うことから右利きで野球をしていると思われる男が犯人だと判明しました。

 

 

 

謎② 運び屋の居場所は?

 

運び屋は1人でいると思われ、並ぶようなアトラクションでは取引の時間に間に合わない可能性があることから、運び屋は並ばないようなアトラクションかつ1人で暇をつぶせるような場所だと推理。

 

見事コナンたちはゲームコーナーで運び屋を見つけました。

 

 

 

4.結末

 

取引現場まで追跡した高木刑事と佐藤刑事は逃げるヤクラアサキチを走って追いかけ、途中観覧車をみて動けなくなった佐藤刑事を置いてコナンと高木刑事が犯人を確保。

 

 

見事ヤクラアサキチを逮捕することに成功しました。

 

 

高木刑事のカバンの方に入っていた佐藤刑事に渡すつもりだった指輪は、園内の池の底へと沈んで行ってしまいましたが、、、

 

 

 

佐藤刑事は観覧車を見て過去の松田刑事の死を思い出してしまい座りこんで泣いてしまいます。

 

 

少年探偵団の面々は観覧車がある場所をデートの場所に選んだ高木刑事を責めますが佐藤刑事はそんなことより、、、

 

 

高「すみません。僕気が付かなくて...」

 

佐「ねぇ...約束してくれる?

  絶対にいなくならないって。

  私の前からいなくならないって...

  約束しなさいよ!」

 

高木刑事うなずく

 

 

高木刑事は指輪を失くしてしまいましたが、もっと大切なものを手に入れたようでした。

 

 

めでたしめでたし

 

 f:id:bio19base:20180111191630j:image

 

 

5.ストーリー上の進展

 

少年探偵団と同行することになりデートが台無しになったと感じる高木刑事に対して佐藤刑事が以下のように発言。

 

「リハーサルだと思えばいいんじゃない?将来家族で来た時のね。」 

 

 

 

この発言や最後のシーンから高木刑事と佐藤刑事の距離が近づいていることが見て取れますね。

 

 

今後どのように進展していくのか注目です!