JNの全力TV日記

TVやアニメ、マンガなどの感想をつらつら書いています。

名探偵コナン第360話「不思議な春のかぶと虫」あらすじ・感想【ネタバレを含みます】

目次

 

 

1.あらすじ・登場人物

~登場人物~

 

江戸川コナン

・少年探偵団

・二宮俊哉(23歳)ペットショップの訪問者

高木渉刑事

・佐藤美和子刑事

山村ミサオ刑事⇒群馬県警刑事 

・荒木豊(32歳)⇒昆虫博物館職員

・榛名三郎(58歳)⇒カブトムシ研究家

・石田隆志(25歳)⇒昆虫雑誌編集者

・白井みのる(41歳)⇒ペットショップ店主

 

 

 

~あらすじ~

コナンたちが訪れた都内にあるペットショップで、その店の店主が殺害されているのをコナンたちとそこに訪れた二宮さんが発見します。

 

ペットショップに置いてあったチラシから群馬にある昆虫博物館に何かの繋がりがあると感じた少年探偵団は博物館へと非番だった高木刑事の車で向かいます。

 

その博物館ではカブトムシの盗難事件が発生しており群馬県警のへっぽこ刑事がいました。 

 

この2つの事件が関連しているようですが、、、

 

 

 

 

2.事件・謎

カギを握るのは榛名さんが編み出した温度調節を利用したカブトムシ育成法。

 

これによってカブトムシを一年中羽化させることにせいこうしたそうですが、、、

 

 

謎① 死亡推定時刻に犯行可能な人物がいない?

 

今回の事件では白井さんが殺害されたと思われる時刻には容疑者全員にアリバイがあります。

 

また群馬と東京の距離もあり誰が犯人なのか検討が付きません。

 

 

謎② 殺人事件と盗難事件の関連は?

 

群馬昆虫博物館からカブトムシが盗まれた件と東京のペットショップで白井さんが殺害された事件との関係はあるのでしょうか?

 

白井さんのペットショップの床には蓋の外れた瓶と季節外れのカブトムシの成虫がいました。

 

これは何を示しているのでしょうか?

 

f:id:bio19base:20180112121917j:image

 

 

 

3.犯人の正体・動機

 

謎① 死亡推定時刻に犯行可能な人物がいない?

 

死体の温度は1時間で1℃下がると言うことを利用したトリックがありました。

 

殺害場所はペットショップではなくカブトムシ運搬用のトラックの中。

 

このトラック内はカブトムシ運搬の為に温度調節用のエアコンが付いており、死亡推定時刻をコントロールすることが出来たのです。

 

 

謎② 殺人事件と盗難事件の関連は?

 

盗難事件の犯人は白井さんと石田さん。

 

2人は共犯だったようですが金銭の話でモメて殺害に至ったそうです。

 

石田さんのメールの内容や石田さんの博物館のストラップが紛失していたことがカギになりました。

 

 

 

4.ストーリー上の進展

とくにはありませんでしたが高木刑事の車はエアコンが付いていないおんぼろ車でした。

f:id:bio19base:20180112121904j:image