かいぼーの全力TV日記

TVやアニメ、マンガなどの感想をつらつら書いています。

名探偵コナン第3話「アイドル密室殺人事件」あらすじ・感想 沖野ヨーコが初登場する回です!

 

目次

 

 

1.登場人物

 

江戸川コナン

・毛利蘭

・工藤新一(回想シーン)

毛利小五郎

阿笠博士

・目暮十三(警部)

・吉田歩美

・小嶋元太

・円谷光彦

 

・沖野ヨーコ(アイドル)

・池沢ゆう子(アイドル)

・山岸(マネージャー)

・その他警察関係者

 

 

 

 

2.第3話あらすじ

毛利小五郎の事務所に、アイドル・沖野ヨーコが訪ねてきた。何者かに後をつけられたり、部屋に侵入されているというのだ。調査のためコナンたちがヨーコの部屋に入ると、そこには男の刺殺死体があった…。コナンは小五郎を気絶させ、阿笠博士が発明した蝶ネクタイ型変声機を使って小五郎の声で事件の謎解きを始める。

https://www.ytv.co.jp/conan/archive/k1169408.htmlより引用。

 

 

 

 

3.第3話のストーリー

以下ネタバレを含みます。

 

アニメの名探偵コナン第3話では遂に、毛利小五郎が大ファンである沖野ヨーコさんが登場します。

 

f:id:bio19base:20200220220014j:image

 

今回の事件の依頼人として登場し、皆さんご存知の通り今後も何度も登場するアイドルです。

 

 

一方、少年探偵団の3人とコナンが初めて接触するのもこの第3話になります。

 

f:id:bio19base:20200220220138j:image

 

歩美ちゃんがコナンに友達になろう!と声をかけに来ますが、コナンは忙しいからと言ってその場を離れます。

 

そしてコナンが向かったのは阿笠博士のもと。

 

ここで阿笠博士からコナンに蝶ネクタイ型変声機が渡されます。

 

f:id:bio19base:20200220220601j:image

 

コナンは使うことが無いだろうと予想しているようでしたが、今回の事件を含め今後大活躍することになる発明品の1つですね。

 

 

そして毛利探偵事務所に戻るとそこに沖野ヨーコ本人が依頼人としてやってきます。

 

f:id:bio19base:20200220220811j:image

 

依頼内容は、自身の部屋に勝手に侵入している痕跡があるストーカーらしき人物を見つけて欲しいというものです。

 

そして沖野ヨーコの家へと車で向かうのですが…

 

f:id:bio19base:20200220220903j:image

 

少年探偵団の3人組がコナンの後を追い毛利探偵事務所へ、なんだかんだで今回の事件現場にもついて来てしまいます。

 

 

そして沖野ヨーコの家に到着するとそこには男性の遺体がありました。

 

f:id:bio19base:20200220221001j:image

 

この密室殺人事件の容疑者は3人。

 

家の住人である沖野ヨーコと合鍵を持っていたマネージャーの山岸。

 

さらに現場(沖野ヨーコの部屋)に所持品であるイヤリングが落ちていた同じくアイドルの池田ゆう子です。

 

f:id:bio19base:20200220221243j:image

 

鍵が閉まっていた密室の状態でどのように殺人事件が発生し、犯人は誰だったのでしょうか?

 

 

 

 

4.  事件の真相

 

事件のカギは

・高すぎる暖房の設定温度

・遺体付近に落ちていた水

・マネージャーが隠れて回収した髪の毛

・遺体の背中に刺さったナイフ

の4つでした。

 

マネージャーの山岸は部屋に入ってすぐ、転んだふりをして遺体の手から髪の毛をこっそり回収していました。

(コナン以外は誰もこの行動には気付きませんでしたが。)

 

これは沖野ヨーコが犯人である証拠になってしまうと思い、山岸が急いで隠蔽したということになります。

 

しかし、背中にナイフが刺さっているのに被害者が揉み合って犯人の髪の毛を掴んでいるのは不自然ではないでしょうか?

 

 

ということから推測されたのが被害者の自作自演。

 

遺体の周りの水は元々氷で、そこにナイフを立てて背中を刺されたように細工をした証拠だったということになります。

 

暖房の設定温度が高かったのは氷を溶かすため。

 

 

なぜこのような自作自演をしたのかというと。

 

 

今回の被害者は沖野ヨーコの学生時代の交際相手でした。

 

アイドルになる彼女のため、マネージャーからの助言に従い無理やり彼のほうから別れを言い出したそうです。

 

しかし、どうしても好意を忘れることができず、沖野ヨーコに話をしに来たところで、部屋に忍びこんでいた池田ゆう子に遭遇。

 

池田ゆう子はスキャンダルのネタを探しに忍び込んでいました。

f:id:bio19base:20200220232248j:image

(冒頭のストーカーの正体は池田ゆう子だったということになりますね。)

 

慌てた池田ゆう子は部屋から逃げ出したものの、被害者の男は池田ゆう子の顔を見ておらず、沖野ヨーコに拒絶されたのだと勘違いしてしまいました。

 

この勘違いにより積もった好意が憎しみへと変わり、被害者の男は沖野ヨーコの犯行に見せかけて自殺をした、という結末でした。

 

f:id:bio19base:20200220232403j:image

 

この複雑な事件を毛利小五郎が解決できるはずもなく、コナンが灰皿を蹴り飛ばして小五郎を気絶させ、蝶ネクタイ型変声機で眠りの小五郎を演じて推理を披露しました。

 

これが初の眠りの小五郎ということになりました!

f:id:bio19base:20200220232209j:image

 

 

事件解決後、蘭が新一のことを心底心配しているということを知ったコナンは、公衆電話から無事であるということを伝えます。

f:id:bio19base:20200220232543j:image

 

絶対に元の姿に戻って蘭への想いを伝えると心の中で決意して物語は終了しました。

 

 

5.ストーリー上の進展

・蝶ネクタイ型変声機の登場

 

・沖野ヨーコ初登場

 

・眠りの小五郎初登場

 

 

ちなみに目暮警部と元刑事の小五郎はこの事件が久しぶりの再会だったようでした。

 

f:id:bio19base:20200220232946j:image

 

この事件以降、コナンがいるから?数多くの事件で顔を合わせることになるのですが、この事件までは現場で顔を合わせるということはあまりなかったようですね。

 

 

ブログ内検索で登場人物名を検索すると、そのキャラクターが登場するストーリーを見ることができます。