かいぼーの全力TV日記

TVやアニメ、マンガなどの感想をつらつら書いています。

【新アニポケ】あらすじ&感想 第22話「さよなら、ラビフット!」【ポケモン世代による感想】

新アニポケ第22話の感想「ただの反抗期で良かったなぁラビフット!」

 

目次

 

この記事ではアニメポケットモンスター(通称アニポケ)第22話のあらすじ&感想をポケモン世代ど真ん中である筆者が書いていきます!

 

ネタバレを含みますのでご注意ください!

 

今回の話はこちら!

 

「さよなら、ラビフット!」

 

心配になるタイトルで先週の次回予告を見た時は本当に衝撃でしたね。

 

ゴウとラビフットの微妙な距離感が...難しい!!

 

 

 

ガブリアスの似顔絵とサトアゲハント

 

物語の冒頭はサブタイトルとは対照的にかなり明るく面白いスタートでした。

 

今回の舞台であるホウエン地方のミシロタウンに向かう途中の電車の中で、ゴウとサトシがガブリアスの絵を描いてどっちが似ているか勝負…

 

f:id:bio19base:20200420225343j:image

 

どっちも似てないですね、笑

 

ただ正直サトシの絵を見たときに

「これガブリアスかも?」

と予想できてしまったのでサトシの長年の旅の経験は絵心に活かせている?ということにしておきましょう😇

 

※ちなみにサトシの絵は写真の左側です。

 

 

そして更に面白かったのが「サトアゲハント

 

今回はそもそもアゲハントの渡りを見るためにミシロタウンにやってきたのですが、アゲハントは追い風の日を選んで渡りを行うらしいです。

 

この情報をゴウから聞いたサトシは

「向かい風の方が面白いのになぁ」

といかにもサトシらしい発言😅

 

この言葉からそれはサトシがアゲハントだった場合だけだろう、と想像してしまったゴウの脳内で以下のようなアゲハントが出現します…

 

f:id:bio19base:20200420225400j:image

命名「サトアゲハント

 

「スッゲー風!でも負けないぜ!」

とサトアゲハントが言っており、これはなかなか面白くサトシが擬ポケ化された珍しいシーンでもありましたね😁

 

 

ラビフットは反抗期??

さて、ここからが本題ですが、ヒバニーからラビフットに進化して以降、なんとなくつれない態度をとっているラビフットに対し、ゴウは距離を感じているようです。

 

f:id:bio19base:20200420225446j:image

「そんなに俺のこと嫌いなのかよ…」

 

まぁここまでの話でも明らかに不機嫌そうだったり、バトル中もゴウの指示を無視したりしてましたからね。

 

炎タイプあるあるなのかな?なんて思ってたんですが…

 

するとリンゴを打ってくれた女の人が、自分の息子と重ね合わせて「反抗期なのではないか?」という反応をしました。

f:id:bio19base:20200420225459j:image

 

今思えばこれが真理だったのですね!

 

ただ新人トレーナーであるゴウにとってこの事実はなかなか受け止められなかったのでしょう🤨

 

 

この後ラビフットは夜中に宿泊しているポケモンセンターを抜け出して野生のポケモン達のダンスバトルに参加します。

 

やはりヒバニー時代からの兄貴分としての気質は持っているようで、仲良くなったポケモン達にダンスを教えていました。

 

そのダンスバトル中、ラビフットに尾行していたサトシ達一行はラビフットを手助けするためにリズムを取って協力します。

 

この時のラビフットが少し嬉しそうな表情をしたことにゴウは気づかなかったのでしょう…

 

この後ゴウは驚くべき決断をすることになります😟

 

 

ベテラントレーナーサトシの発言はさすが!

ダンスバトル終了し、サトシとゴウが研究所に帰る日の朝を迎えました。

 

野生ポケモン達と楽しそうな時間を過ごすラビフットの様子を見て、自分といるより置いていった方がラビフットは幸せだろう、と決断したゴウはラビフットを置いて駅にいるサトシの元へ。

 

f:id:bio19base:20200420225516j:image

この決断をサトシに伝えると

「本当に本気でそう決めたのか?」

「ちゃんとラビフットに言ったか?」

とゴウの意思を確かめる質問を投げかけます。

 

このあたりは流石ベテラントレーナー!といった感じの対応で、昔からアニポケを見てきた自分には感動的な場面でした🤩

 

昔はタケシに色々教わってたサトシが今はこうして大人の対応をしていると考えると…

 

そんなに月日が経ったんですね😨

 

 

ともかく!このサトシの言葉によってゴウは決断の間違いに気付き、扉が閉まってしまった電車の中を走り、ラビフットのもとへ戻ろうとします。

 

すると、電車の中にはラビフットが既に乗車しており、ゴウにリンゴを1つプレゼントしました🍎

 

嫌いだった訳ではないということがわかり、ゴウはラビフットを抱きしめて一緒に写真を撮り、今回のお話は終了です!

 

f:id:bio19base:20200420225527j:image

 

いやー尊いですね😇


絆を確かめ合ったゴウとラビフットの今後に期待です!

 

 

 

その他ストーリーの進展&予想

 

今回のストーリーでは特に大きな進展はありませんでした。

 

ただラビフットとゴウの絆は深まったんじゃないかな?

 

今後もしかするとラビフットのダンスセンスを活かしてバトルやもしかするとコンテストなんかにもチャレンジする機会が出てくるかもしれませんね!

 

次週からはコロナの影響で放送が一旦休止になるそうです…

 

残念ですが、早くこの状況が収まって安全に製作陣の皆さんがお仕事できるようになるのを祈るばかりです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

tv.jnzenryoku.work